私が白井田七を試してみたきっかけ

 

私が白井田七を飲み始めたきっかけは、会社で行われた健康診断で「要検査」の項目が多すぎたからです。システムエンジニアとして働く私は、毎日22時まで残業をしているため、時間の自由がきかないストレスと不規則な生活習慣によって、中年太りが酷くなりました。また近頃は、自分ひとりのために夕食を作ることすら面倒になり、コンビニスイーツやカップラーメンを食べ続けた結果として、健康診断で内科医から「血糖値が高めですね?」と言われてしまったのです。

 

おまけに40代に突入したら、更年期障害かのようなホルモンバランスの乱れが気になり始めたので、生活習慣病と女性ならではの不調から脱したくて姉から紹介してもらった白井田七を飲むようになりました。当ページでは、そんな私の心身に好循環をもたらしてくれた白井田七の魅力を、自分自身の経験や感想を踏まえて皆さんにご紹介していきたいと思います。

 

 

白井田七の成分

 

白井田七の魅力を成分から見ていくと、田七人参の効能の高さも理解しやすくなるかと思います。今回は血糖値の高さとメタボという悩みを抱える私が「これだ!」と感じた有効成分を7つご紹介しますので、ぜひ購入時の参考にしてみてください。

 

《サポニン》

植物の根の部分に多く含まれるサポニンは、健康効果の高さで注目される配糖体の一種です。肥満予防、コレステロールの除去、血行不良の改善などの作用が高いため、ドロドロの血液やポッコリお腹に悩まされる中年太りに効果的な成分として、さまざまなメディアに取り上げられています。

 

またインスリンと同じ働きをするサポニンには、血糖値をコントロールする作用もあります。田七人参には高麗人参の7倍ものサポニンが含まれているため、この成分を効率よく摂取できる栄養補助食品として白井田七が注目されるようになりました。サポニン特有の苦味やえぐみの苦手な私は、ごぼうや朝鮮人参などを直接食べることができません。でも白井田七というサプリメントを活用すれば、血糖値に良い成分を簡単に飲み続けることができるのです。

 

 

《フラボノイド》

白井田七に含まれるフラボノイドは、サポニンと同じように苦味や辛味などの特徴を持つポリフェノールの一種です。血管の老化や硬化に効果的なフラボノイドを摂取すると、動脈硬化や高血圧症といったドロドロ血によって生じる生活習慣病を防げます。またポリフェノールは抗酸化物質でもありますので、私のようにコンビニ弁当やジャンクフードばかりの食生活によって体内の活性酸素が急増している人の悪循環にブレーキをかけてくれる存在になるのです。

 

フラボノイドによって体内の活性酸素が少なくなると、アレルギー性疾患や更年期障害なども緩和するため、ストレスフルな毎日を過ごす40代〜50代女性にとっては、欠かすことのできない成分と位置づけて良いでしょう。また食習慣が乱れやすい現代人はフラボノイドなどのポリフェノール不足に陥っていると言われていますので、白井田七のような質の良いサプリメントを通して成分摂取するのが理想となります。

 

 

《必須アミノ酸》

体内で作り出せない必須アミノ酸は、人間の生命を維持するために欠かすことのできない成分です。必須アミノ酸には9つの種類があり、それぞれに効果や役割が異なる形となります。

 

例えば分岐鎖アミノ酸と呼ばれるイソロイシンが不足すると、肝機能の低下や疲労、肌のターンオーバーの低下といったさまざまなトラブルが生じます。また必須アミノ酸の中にはセロトニン産生や安眠に明かせないトリプトファンなども含まれるため、アミノ酸不足が続くと精神的な不調に苛まれることもあるのです。

 

そんな白井田七には必須アミノ酸を中心とした19のアミノ酸が含まれていますので、天然成分で作られているアミノ酸サプリメントを探し求めている人にも最良の成分内容と考えて良いでしょう。

 

 

《カリウム》

ナトリウムの排出を促してくれるカリウムは、むくみや水太りの改善効果も期待できるミネラルの一種です。私のようにジャンクフードやスナック菓子から高塩分摂取をしている人は、高血圧症や動脈硬化のリスクが高まるため、血液中のイオンバランスを整えるためにも食べ物からカリウムを摂る必要があるのです。

 

体内のカリウムが不足すると、疲れやすさや筋肉の痙攣、不整脈といった不調が起こりやすくなりますので、健康な身体を維持するためにも白井田七のようなサプリメントを活用する必要があると言えるでしょう。特に食習慣が欧米化している日本人は、その多くがカリウム不足に陥っているため、生活習慣病のリスクを下げるためにもカリウムを中心としたミネラル摂取を効率よくすべきだと言えるのです。

 

 

《田七ケトン》
田七ケトンは、田七人参特有の「巡り成分」です。田七ケトンAと田七ケトンBの2種類が存在するこの栄養素には、血中コレステロールの改善、血の塊の除去、止血の働きがあると言われています。近畿大学に研究結果によると、西洋医薬品であるトラネキサム酸と同じスピードで止血できることが確認されています。そんな田七ケトンには「田七人参からしか摂取できない」という難点がありますので、サラサラで健康的な血液・血管を維持するためにも白井田七のようなサプリメントの活用が推奨される成分と言えそうです。

 

 

《ビタミンB群(B1、B2、B6、B12)》

ビタミンB群は、お互いに助け合いをしながら神経、脳、皮膚などを健康に保ってくれる栄養素の総称です。ひとつでも欠けると相互作用が期待できなくなるため、バランスの良い食生活やサプリメントから全てをまんべんなく摂ることが理想とされています。

 

ビタミンB群が不足すると、夏バテのような慢性疲労や貧血、口内炎、肌トラブルなどのトラブルが起こりやすくなります。またビタミンB群に含まれるビオチンは、糖代謝を助ける作用がありますので、私のように高めの血糖値の人は特に意識して摂取すべき栄養素であると言えるでしょう。白井田七には、B1、B2、B6、B12という4つのビタミンB群が含まれていますので、アンチエイジング世代の美容サプリメントとしてもおすすめ度の高い内容です。

 

 

《葉酸》

妊活サプリメントの定番とも言える、栄養成分です。ビタミンB12と一緒に摂ることで赤血球の形成をサポートする作用が得られるため、貧血症の女性にも嬉しい存在となっています。また葉酸には血行不良の改善によって脳の働きを活性化する作用もありますので、私のように職場で頭を使う人にも摂取しておくべき栄養素だと言えるでしょう。

 

そんな葉酸にも、意外と知られていない生活習慣病の改善効果があります。特に加齢によって血中濃度が高まるホモシステインは血栓の形成に大きく関係していますので、白井田七から適度な葉酸を摂取してホモシステインの低下を促し、脳と血管のアンチエイジングを行うことも若返りに繋がる大事な取り組みになるのです。

 

 

白井田七のさまざまな効果

 

ここからは、白井田七の摂取で期待できるメリットや健康効果をご紹介していきたいと思います。

 

 

《高血糖値》

白井田七が高血糖値に効果的な理由は、田七人参にサポニンとパナキサトリオールという2つの有効成分が含まれているからです。

 

インスリン様作用を持つサポニンは、私のように血糖値が高めな人が摂取すべき成分としてさまざまなメディアで紹介されています。またインスリンの分泌が弱っている糖尿病予備軍の皆さんにも効果的な成分ですので、健康診断で「要経過観察」などと言われた場合は白井田七を通して毎日コツコツと摂取するのが理想と言えるでしょう。

 

また白井田七には、パナキサトリオールという田七人参特有の薬効成分が含まれています。サポニンと似た構造を持つパナキサトリオールには、「微量すぎる」とか「抽出が困難」といった難点がありました。しかし白井田七のメーカーでは、天然の田七人参成分をそのままサプリメント化することに成功しているため、糖尿病予備群に効果的な栄養素を自然に摂取できる存在として定評があるのです。

 

 

《更年期障害》

白井田七には、更年期障害に効果的なフラボノイドとアミノ酸の一種であるアルギニンが豊富に含まれています。

 

フラボノイドによって体内の活性酸素が減少すると、更年期障害特有の不調が緩和すると言われています。また「巡りの成分」と呼ばれる田七ケトンによって血行不良が改善すると、?血から生じる冷え、肩こり、精神不安などにもブレーキがかかるため、更年期とは思えないレベルでイキイキとした毎日を過ごせるようになるのです。

 

そんな私も加齢による肌トラブルやイライラなどが急増する40代を過ごしていましたが、高血糖値を改善する目的で白井田七と出逢ったことで、女性ならではの不調が軽減してきたのでとても良かったと感じています。婦人病には欠かせないアルギニンには滋養強壮効果もあるらしいので、私が元気でいられる背景には白井田七に含まれるアミノ酸の効能も大きく関係しているのかもしれません。

 

 

《痛風》

白井田七が痛風の皆さんに愛飲されているのは、主成分であるサポニンとフラボノイド、田七ケトンによる症状改善作用が期待できるからです。

 

サポニンによって肝臓内のプリン体量が低減すると、自然と血中の尿酸値が下がるようになります。またサポニンには中性脂肪を低下させる作用があるため、痛風と一緒に発症しやすい他の生活習慣病のリスクも下げることができるのです。研究結果の中には、痛風と活性酸素に関する論文も多数存在しますので、サポニンやフラボノイドといった抗酸化成分の多い白井田七は、痛風の改善や予防効果も期待できるサプリメントと位置づけて良いでしょう。

 

この他に血液をサラサラにしてくれる田七ケトンには、発作に伴う激痛を緩和する作用があるとも考えられていますので、痛風によって生じるさまざまな不調を回避するためにも白井田七を毎日飲んだ方が良さそうです。

 

 

《肝機能障害》

血液や循環系に効果的な田七人参には、肝臓の血行不良を改善して肝機能を高める作用があるようです。また中国には、全成分の85%が田七人参という肝臓病治療薬の「片仔廣」もありますので、この作用に注目している国は「日本だけではない」と考えて良いでしょう。

 

田七人参の肝機能アップに関する調査研究では、肝炎の改善に欠かせない抗炎症作用や肝細胞保護作用などの報告があります。また朝鮮人参の7倍以上にも及ぶサポニンによって肝臓に良い血液が流れるようになれば、ウイルスによって壊れた細胞の再生力もアップするため、結果として肝機能障害全般が改善しやすくなるのです。

 

《生活習慣病》

サポニンやフラボノイドによって血液がサラサラになると、命を落とすリスクの高い脳卒中や心筋梗塞といった生活習慣病とも無縁になります。また血行不良の改善は基礎代謝量のアップといったメリットももたらしてくれますので、結果として生活習慣病の原因となるメタボリックシンドロームや隠れ肥満から脱しやすいヤセ体質を手に入れることができるのです。サラサラの血液によって脳が活性化されている人は、精神的なイライラも少ない傾向がありますので、ストレスによる活性酸素の急増や鬱も起こりにくいという好循環が生まれていくようです。

 

 

白井田七を使用した感想

 

白井田七を実際に飲んだ方々の感想を見つけましたので、少しご紹介していきたいと思います。

 

《糖尿病予防目的で飲んでいます》
父と祖父が糖尿病なので、高血糖値予防として白井田七を飲んでいます。このサプリメントには20以上の栄養成分が入っているため、偏食傾向の高い私には有難い内容です。また注目成分のサポニンは血液中の糖をエネルギーに変換してくれるらしいので、毎日スイーツばかり食べている私には欠かすことのできないサプリメントとなっています。価格もリーズナブルで、お財布に優しい点も良心的な栄養補助食品だと思います。

 

《慢性的な不調と疲労が改善しました》
連日続く残業とストレスで原因の特定できない不調に悩んでいた私ですが、母から勧められた白井田七を飲むようになってから、心身ともにスッキリ過ごせるようになりました。特に私の場合は、肩こり、冷え、月経不順といった女性特有の不調が大きく改善したので、ドラッグストアに売っている漢方薬よりも遥かに効く感じがとても気に入っています。更年期まではあと10年ぐらいありますが、30代から白井田七を飲んでホルモンバランスを整えていきたいです。

 

《3キロ減は白井田七のおかげ?》
白井田七を飲み始めて4ヶ月で、体重が3キロ減りました。この商品はダイエットサプリメントではありませんが、サポニンがコレステロールなどを下げてくれるらしいので、血液レベルで痩せられたのかなぁと勝手に思っている私です。来月は会社の健康診断があるので、良い結果を期待して白井田七を飲み続けていきたいです。

 

 

白井田七をお得に購入するには?

 

白井田七をお得に購入する方法は、2つあります。

 

《120粒タイプの定期コース》

白井田七を飲み続けるなら、リピーターの86.7%が利用している定期コースの利用がおすすめです。続けるだけで最大20%の割引となる定期コースに申し込むと、代引き手数料300円と送料500円が無料になります。また支払い方法については、代金引換だけでなくクレジットカードも選べますので、月々の白井田七購入を通して各カード会社のポイントを貯めてみても良いでしょう。

 

白井田七の定期コースはお休みや発送スケジュールの変更もできるため、精神的なプレッシャーの少ない点も多くのリピーターに利用される理由となっています。また初回は特別価格の3,980円で注文可能なため、おためしコース感覚でチャレンジしてみても良さそうです。

 

 

《セット買いにも割引がある》

白井田七は、1箱、3箱、6箱、9箱というセットでも注文可能です。9箱注文すれば、定期コースと同じ20%オフでサプリメント購入が可能となります。この買い方を利用する人の中には「友達や家族と一緒に健康な身体を目指したい!」という方々も多く見受けられますので、高い割引率以外にモチベーションの維持といったメリットも得られる購入方法と言えるでしょう。

 

 

田七人参の中で白井田七がお勧めな理由

 

ここまで、私が実際に愛飲している白井田七の特徴や魅力を、詳しく紹介してみました。

 

他の田七人参サプリメントと比べて白井田七がおすすめなのは、初回特別価格3,900円で購入できるという理由です。リーズナブルな価格で購入可能な白井田七は、「高価すぎて継続が難しい」という田七人参サプリメントの難点を解消した製品となっています。
また白井田七は、世界初の「国際有機認証」を獲得したことでも知られる栄養補助食品となりますので、無農薬栽培の田七人参サプリメントを求める人でも安心して購入できる存在であると言えるでしょう。

 

白井田七を半年飲み続けたことで高血糖値、メタボ体型、女性特有の不調といったさまざまな効果が得られた私は、同じような身体の悩みを抱える同年代の皆さんにこのサプリメントをおすすめしたいと思います。